ハイドロキノン

美白にハイドロキノンが効果的な理由

美白化粧品には大きく分けて2種類あります。
1つはシミなどが出来ないように予防する、予防型の美白化粧品
もう1つは、すでに出来てしまったシミを解消する、解消型の美白化粧品です。

多くの美白化粧品は、予防型の成分しか入っていません。
予防型の化粧品を使っても、すでに出来てしまったシミにはほとんど効果がないのです。

当サイトを読んでくださる方の多くは、解消型の化粧品に興味があるのではないですか?

そこでおすすめしたいのが、ハイドロキノンを配合している化粧品です。
ハイドロキノンは解消型でも最も人気と実力がある美白成分だからです。
実際に、ハイドロキノンは美白効果が認められていて、皮膚科医などでも処方されています

ハイドロキノンは浸透しにくい成分

シミやソバカスの原因はご存知の通りメラニン色素です。
ハイドロキノンはそのメラニン色素が作られるのを防ぐ働きと、すでにできたメラニンを漂白する働きがあります。
つまり、シミやソバカスができないようにするだけでなく、今あるシミ、そばかすにも良いのです。

ビタミンCも肌を白くする力がある成分として知られています。

ハイドロキノンやビタミンCは肌に浸透しにくい性質があります。
ビタミンCの場合は、ビタミンC誘導体とすることで肌に浸透しやすくなります。
しかしビタミンC誘導体にすることで、美白効果が落ちてしまいます。
なるべく誘導体ではない、そのままのビタミンCとしてメラニンまで届けることが重要です。
美白のためには、そのような美白化粧品を使いましょう。

シミを防ぐために

美白のためにはシミが出来ないように予防するのが効率的です。
なぜかというと、シミが出来ないように予防するよりも、出来てしまったシミを解消するのは大変だからです。

シミが出来ないようにするには、メラニン色素が生成されないようにすることが大切です。
そのためには、まずは紫外線対策が重要です。
紫外線対策をするとメラニン色素の発生を抑えられます。

また肌の保湿も忘れてはいけません。
乾燥していると肌のターンオーバーが滞ります。すると、肌の外にメラニン色素を排出できません。
十分に保湿して肌のバリア機能やターンオーバーを高めることが美白へと繋がります。

紫外線対策にUVを使う人も多いでしょう。
肌に優しいUVを基礎化粧として使うのがおすすめです。

ハイドロキノンは刺激があります

ハイドロキノンは美白効果の高い成分です。
しかし、効果が高い分だけ刺激があることでも知られています。

ハイドロキノンは、ひと昔前は医薬品として、医療機関に限ってだけ買うことができました。
2001年の薬事法改正を受けて、低濃度のハイドロキノンの場合、普通の薬局やドラッグストアといったところでも手に入れられるようになったのです。
化粧品に使うことも可能となって、ハイドロキノン入の化粧品が増えてきました。
その多くは低濃度なので、副作用の危険性がほとんどなく利用できるという良い面があります。
でも、肌が弱い人には刺激が強いこともあります。
肌が弱いと思う人は、つける前にパッチテストをしたほうがいいでしょう。

更新履歴

参照

美白を目指す方におすめの洗顔石鹸を紹介します。汚れを落とすだけでなく、しっかりと保湿することが大切です。
美白 洗顔石鹸

美白の効果を最大限に引き出そうとするなら、化粧品の選び方が大切です。実は、化粧品の選び方を間違うと効果が出にくいのです。
美白化粧品 ランキング

シミの予防と解消は自分の肌質に合ったケアすることが一番大切です。敏感肌、乾燥肌の方は、健常肌と違い、自分の肌に合わないケアをしてもほとんど効果がなかったり、逆に状態が悪化してしまいます。シミを消す美白化粧品ランキング

適当に美白化粧品を使ってもシミは消えません。シミを消す方法は肌質にあったものを使うことです。肌質に合った美白化粧品の選び方を紹介。シミを消す美白化粧品

目的や悩みによって使うと良い洗顔石鹸は変わってきます。分かりやすくおすすめの洗顔石鹸を紹介。
洗顔石鹸ランキング

シミの予防を目的として美白美容液を選ぶ際、シミの元となるメラニンの生成を抑制する働きをもつ成分が配合されているか確認することがポイントとなります。シミ消し美白美容液